健康な髪

育毛シャンプーと普通のシャンプーの違いは?

違いが分からなければ育毛シャンプーを買う必要がありません。
またそんなに大きく違わないのであれば今まで通り、普通のシャンプーで十分です。
では、一体、どんな違いがあるのでしょうか。

簡単にいうと主成分が違います。
一般のシャンプーで重視されているのが肌ではなく、髪の毛です。
ですから香りが残る、もしくは洗い上がりにすぐ髪がサラっとするというようなものです。

これらに関しては、香料が多く含まれる、添加物が多く含まれる、更には洗ってすぐ髪がサラっとするのはコーティング剤が含まれている証拠です。
いいシャンプーは洗ってすぐ髪がサラっとすることはありえません。
なぜなら、アミノ酸が主成分だからです。

アミノ酸は髪の毛と同じ成分です。
つまり、優しく頭皮を洗いあげ、少しずつ髪の中に栄養が浸透して長く使う事で髪の毛が修復されていきます。
数ヶ月して初めて実感できるのです。

そして頭皮がメインで考えられているので、強くて太い毛が生えてくることを期待できます。
このように一般のシャンプーは、主成分が高級アルコール、石鹸など洗浄力が強く、添加物が多く含まれます。
しかし、育毛シャンプーは頭皮のことをメインに作られているので、頭皮と髪の毛と同じ成分のアミノ酸でできています。

このページの先頭へ